どたばたわんわんらいふ

ダックス”さくら”とプードル”のあ”の毎日をつづります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手術当日  

まず結果からご報告させていただきますと、手術は無事に終わりました!

午前診が長引いて、手術開始が1時ごろになりましたが
30分ほどであっけなく終わってしまいました。

昨日の宣言通り、手術を側で見届けましたよ(>_<)
とってもグロテスクなシーンを想像してたんですが
思いのほかあっさりとしたものでした。

それなりの距離はとって見学してたんですが
”もっと中に入っていいよ~!””これが膵(だったかな?)臓やで~!”
なんていろいろと見せてくれました^_^;

手術直後。顔をあげるのが精一杯、痛いのか小さく声を出してた。
noa6303_convert_20120630214733.jpg
この後トリミングの予約があったので急いで撮ったら
顔がよく分からなかった^_^;

4時過ぎ、手術3時間後くらい。立てるくらいまで回復、でも目はうつろ。
noa6302.jpg

6時過ぎ、手術5時間後くらい。逆に座るのが辛そうで立ちっぱなし、動きが活発になってきた。
noa6301.jpg

まだ完全に麻酔が抜けきってないので、いつになく寂しそうな顔…
連れて帰りたい衝動に駆られましたが、ぐっと我慢しました。




今回の手術で判明したことがいくつかあります。
※文章ばかりで読み辛いので、興味のない方スルーしてください。

まず、手術前に判明したことが”乳腺が張っている”ということ。
確かに治まりは悪いな…と実感していましたが普通の子より治まりが悪いらしいです。

そして開腹して判明したことが”子宮が大きい”ということ。
発情期に大きくなった子宮は約3ヵ月で元の大きさに戻るらしいですが
のあちゃんは戻りが悪い+元々の子宮も大きめでした。
”柴犬くらいあるね”って言われてびっくり\(◎o◎)/!


そもそもホルモンのバランスが悪いんだと思う、と言われ
雄犬みたいなマーキングもこの子宮が原因だったと思われます。

今回の避妊で、乳腺の張りは治まるらしいです。
・・・ただ腫瘍になる可能性もゼロではないらしい。(詳しくは聞けなかった…)

あと、ホルモンの関係で乳がんになりやすいかもと言われました。
でも、そもそもどのわんこも避妊したからといって100%予防できるものではないし
今回のあちゃんは避妊でその心配の種を取り除いてしまったので
今、わたしがしてあげられることはできたんじゃないかな、と思ってます。


他にも手術しながらいろんな話を聞いた気もしますが
はっきり覚えてるのはこれくらいです^_^;

手術が始まるまで、後悔しないかな…という思いが拭いきれませんでしたが
今のところ、手術して良かったな~と思えます(^^)
無事に終わったし、今のところデメリットしか見つからないので(>_<)



今夜は1泊入院。
連れて帰ってもいいよって言われたんですが”安静”が絶対条件だったので
念のため入院させました^_^;(傷口開いて迷惑かけるのも申し訳ないので…)

明日はすっ飛んで迎えに行きたいと思います!
会えるまで約10時間です…(>_<)

のあちゃん待っててね(>_<)
応援ぽちっ☆お願いします!
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

category: 避妊手術・術後

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。